読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぶろぐ 30代のインフラエンジニアはこうです

(;'Д`)ハァハァ ようやく世の中が無菌室で無いことに気づいたよ

OEM(CroudControl)サーバ構築手順

1 インストール用資材ダウンロード

1-1 EnterpriseManager12cのインストール用データと、EnterpriseManager12c用DBテンプレートダウンロード
http://www.oracle.com/technetwork/jp/oem/enterprise-manager/downloads/index.html

1-2 ダウンロードしたDBテンプレート資材を$ORACLE_HOME/assistants/dbca/templatesにコピーし解凍
$ cd $ORACLE_HOME/assistants/dbca/templates
$ mv /var/tmp/11.2.0.3_Database_Template_for_EM12_1_0_4_Linux_x64.zip ./
$ unzip 11.2.0.3_Database_Template_for_EM12_1_0_4_Linux_x64.zip

 

2 Templateを利用したOEM DB作成
2-1 GUIで接続しDBCAを起動
$ dbca
※DBCAのパラメータは適当
ただし、12.1.0.2.0_Database_Template_for_EM12_1_0_5_0_Small_deployment.dbcのテンプレートを使うような設定にすること
スクリプトshpool_12.1.0.2.0_Database_SQL_for_EM12_1_0_5_0.sqlを実行するような設定にすること


3 OEMインストール
3-1 oracleユーザでインストール用資材を解凍
$ id
uid=54321(oracle) gid=54321(oinstall) 所属グループ=54321(oinstall),54322(dba)
$ unzip em12105_linux64_disk1.zip
$ unzip em12105_linux64_disk2.zip
$ unzip em12105_linux64_disk3.zip

3-2 インストーラーを実行
$ ./runInstaller
※インストールのパラメータは適当

4 OEMインストール後の設定
4-1 DB起動
$ export ORACLE_SID=emrepo
$ sqlplus / as sysdba
SQL> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。
Total System Global Area 2013265920 bytes
Fixed Size 2926080 bytes
Variable Size 771754496 bytes
Database Buffers 1224736768 bytes
Redo Buffers 13848576 bytes
データベースがマウントされました。

4-2 OMS起動
$ インストールディレクトリ/oms/bin/emctl start oms

4-3 EnterpriseManager接続
https://サーバIP:7802/em/
にて接続。ログインできることを確認する。