のぶろぐ 30代のインフラエンジニアはこうです

(;'Д`)ハァハァ ようやく世の中が無菌室で無いことに気づいたよ

sqlplusコマンドのインストール(Linux)

Oracle への接続にsqlplusコマンドを使うことになったので手順をメモ

なお、Linux x64が前提です 

 

 

 

1.以下URLより、クライアントのOSとビット数で該当するものを選択

http://www.oracle.com/technetwork/jp/topics/index-099943-ja.html

 

2.「oracle-instantclient12.1-basic***rpm」、 「oracle-instantclient12.1-sqlplus***.rpm」の
basicパッケージと合わせてsqlplusパッケージをダウンロード

 

3.Linux側にダウンロードしたrpmを格納し、rpmコマンドでインストール
# rpm -ivh oracle-instantclient12.1-basic-12.1.0.2.0-1.x86_64.rpm
# rpm -ivh oracle-instantclient12.1-sqlplus-12.1.0.2.0-1.x86_64.rpm

 

4.oracle-instantclient12.1-sqlplus-12.1.0.2.0-1.x86_64によってインストールされるライブラリのパスを確認
# rpm -ql oracle-instantclient12.1-sqlplus-12.1.0.2.0-1.x86_64
/usr/bin/sqlplus64
/usr/lib/oracle/12.1/client64/bin/sqlplus
/usr/lib/oracle/12.1/client64/lib/glogin.sql
/usr/lib/oracle/12.1/client64/lib/libsqlplus.so
/usr/lib/oracle/12.1/client64/lib/libsqlplusic.so

 

5.LD_LIBRARY_PATHに確認したライブラリのパス情報を追加 、PATH環境変数も変更
# su - sqlplusを利用するユーザ
$ vi $HOME/.bash_profile
~~~~~
# User specific environment and startup programs

PATH=$PATH:$HOME/bin:/usr/lib/oracle/12.1/client64/bin
LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib/oracle/12.1/client64/lib:$LD_LIBRARY_PATH

export PATH
export LD_LIBRARY_PATH

 

6.設定した環境変数の読み込み
$. $HOME/.bash_profile


7.sqlplusコマンドをテスト的に実行
$ sqlplus ユーザ名/パスワード@//IPアドレス:ポート番号/インスタンス