のぶろぐ 30代のインフラエンジニアはこうです

(;'Д`)ハァハァ ようやく世の中が無菌室で無いことに気づいたよ

Oracle Cloud 環境にGUI接続環境を作る手順

Database CloudサービスのVirtual Imageを利用してます。

これは、オンプレミス本番環境がnon-cdbとなっており、可能な限りオンプレミスと合わせたいという点からVirtualImageを選択してます。過去、VirtualImageでないとキャラクタセットが意図的に選択できないとう状況もありましたが、今は解消されたようです。

 

VirtualImage作成後、dbca実行などでGUIが無いと非常に不便なのでGUI環境を整備しdbcaが実行できる状態までにしました。

なお、Oracleクラウド側のNW設定でTigerVNC接続用のポート解放すれば作業PCから直接TigerVNCで接続可能ですが、めんどくさかったのでTeraTermSSH転送使った手順になってます。

 

手順は以下です。

 

 

1.必要パッケージのインストール

++-----

yum groupinstall "Desktop" "Desktop Platform" "X Window System" "Fonts"

yum install libXfont

 

2.X Windowsの起動テスト

++-----

startx

 

3.TigerVNCのパッケージインストール

++-----

yum install tigertvnc-server

 

4.TigerVNC用ユーザ作成

++-----

useradd vncuser

passwd vncuser

 

5.TigerVNC設定ファイル修正

++-----

vi /etc/sysconfig/vncservers

     :

     :

VNCSERVERS="1:vncuser"

VNCSERVERARGS[1]="-geometry 1024x768 -nolisten"

 

6.TigerVNC接続用パスワード設定

++-----

su - vncuser

vncpasswd

 

7.TigerVNCサービス起動

++-----

exit

service vncserver start

 

8.設定ファイルを修正

vi /home/vncuser/.vnc/xstartup

     :

     :

#twm &

ettings for Japanese
LANG=ja_JP.UTF8
export LANG
export GTK_IM_MODULE=scim
export QT_IM_MODULE=scim
export XMODIFIERS="@im=SCIM"

# setting for gnome
exec gnome-session &

 

9.TigerVNCを再起動

service vncserver restart

 

10.TeraTermで接続先DBにSSH接続し、SSH転送設定

SSHポート転送ですよ!! 

 

11.TigerVNCをクライアントPC側で起動

f:id:liaisondangereuse:20160614134928p:plain

この後にdbcaを実行する前に別途 xhost +などは実行が必要です。